火災報知器と連動する新型火災センサの開発と事業化~㈱創電~

 防災機器販売、施工、メンテナンス事業を営んでいる。既存の火災報知器と連動するIoT火災センサの開発に取り組み、特許出願を完了した。このIoT火災センサは、設置された市販の火災報知器が火災の熱を感知して発信する赤色光を受信し、インターネットを介してスマホ等に情報送信することができる。自社内で試作品を完成させたが、商品化に向けてはアプリの開発が必要であった。しかし、自社で製品を開発した経験がなく、アプリ開発は自社では不可能であったため、発明協会から紹介され、よろず支援拠点へ相談に訪れた。

 IoTという言葉は既によく知られていたが、実用化できたという例は意外に少なかった。そこで各種センサとインターネットを結ぶIoTシステム構築の実績がある県内企業を探したところ、鯖江市のJig.jp社やHANA道場を紹介できた。これらの関係者を含めた交流の中から、火災時にスマートフォンで火災信号やその発生場所をいち早く確認できるIoT火災システムを完成させることができた。製品完成の目処がたった時点で、プレスリリースやパンフレットの作成を提案し、記者発表を行った。並行して販売戦略についても支援を行い、販売を開始している。

【経営相談のお申し込みについて】

よろず支援拠点では、県相中小企業や創業予定者の方々からのいろいろな経営相談に無料でお応えしています。ご相談を申込されたい方は、下記のメールによる相談申し込みをクリックし、お名前やご相談内容などをご記入のうえお申し込みください。

メールによる相談申し込み

関連記事

  1. デザイン経営とは

  2. 着物姿でもスマートフォンが簡単に保持できる「腰巾着」の開発~…

  3. 「福井よろず通信5」を発行しました

  4. ホームページが完成しました。

  5. 端数価格は意味があるか

  6. 【CCO酒井が見つけたビジネスのヒント】

カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー