販路開拓/(株)内藤

「オリジナルグッズの提案による吉野家との取引開拓」

内藤社長

自社独自の販路として大手牛丼チェーンの吉野家にターゲットを絞り、商品企画とアプローチ先の探索を行った。

吉野家が過去に行った丼のプレゼント企画をは大人気だったこと、インスタグラムで数十万件の画像がヒットすることから、日本全国に多数の吉野家マニアがいることが分かった。

そこで、吉野家マニアが喜ぶ箸はどのようなものか、吉野家として取り組むメリットは何か、などを議論し、最初の相談から2年が過ぎた2018年11月にようやく吉野家の外販事業本部との商談にこぎつけ、2019年4月に吉野家オリジナルの若狭塗り箸を納品した。

吉野家オリジナル箸(非売品)

関連記事

  1. 着物姿でもスマートフォンが簡単に保持できる「腰巾着」の開発~…

  2. 引き継いだ家業を発展させる第二の創業としての事業承継(敦賀市…

  3. 数値目標の明確化で起業から事業へステップアップ~えいごはうす…

  4. 火災報知器と連動する新型火災センサの開発と事業化~㈱創電~

  5. <売れるデザインに再構築>

カレンダー

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー